アイアンマン フィギュアセット ジャンク扱い マーベルレジェンド等 zd,

ダイチュウは、全ての工程を社内で行うことができる一貫製造メーカーです。

製缶・機械加工・塗装・組み立て、これらの対応が社内で可能なことが株式会社ダイチュウの強みです。
これまでOEMで生産したハイクオリティな製品をエンドユーザーまで、自社から届けてきた大きな実績があります。
また、100社以上の高い専門性を持った素晴らしい協力会社を束ねる生産管理力も弊社の強みであります。

切る

レーザー

amiib0 メル・ゼナ,

2D・3Dのレーザー加工機2台が稼動し鋼板を切断します。2Dのレーザー加工機は最大22mmの鋼板が切断可能です。

設備
2次元 レーザー加工機 1台
3次元 レーザー加工機 1台
レーザー加工機 1台
figma ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス リンク トワイライトプリンセ…,

設備写真1

設備詳細

未開封新品 アーロン 1/6 フィギュア ファイナル・ファンタジー10,
滋賀工場
2次元 レーザー加工機 三菱(ML3015ax PLUS) t21×1524×3038 1台
3次元 レーザー加工機 三菱(ML3122-VZ1) t21×1524×3038 1台
岡山工場
レーザー加工機 アマダ(4000) t12×1219×2438 1台

ベアブリック ANIMAL C0C0BAT 【新品】

ベアブリック ANIMAL C0C0BAT
汚れや傷など確認しましたが、開封してしまったものなので、見落としている場合もあるかもしれません ご理解いただける方で、よろしくお願いします ベアブリック 他にも出品しますので、ご覧ください

C0C0BAT ベアブリック ANIMAL その他 【新品】

C0C0BAT ベアブリック ANIMAL その他 【新品】

C0C0BAT ベアブリック ANIMAL その他 【新品】

  • 1.00

    稲葉慎太郎

    かなりの薄物到着時、梱包にダメージは無かったけど商品取り出したら底にクラック使い物にならない仮にクラックげ無くても薄くて耐久性は…高温の炭を入れて保管する物ではない

  • 1.00

    すっぱマン

    使用開始から2回目でピシッって音と共に容器にヒビが入った恐らく炭の熱による割れ。ガッカリです

  • 5.00

    リアルタイムで追えてよかった

    ねこごころ

    物語も終盤になって、いつしかあの分からないキャラたちが身内のように身近に思えていることに驚いた。毎週続きが気になって視聴後の夜は悶々としているし、最初は普通に録画で見てたのにもう一秒でも早く観たくてアマプラに。ホントにありがとうAmazon。お礼と言っては少ないかもだけどCDも円盤も全部Amazonで購入、予約したからね!いつの間にか身近になっていたキャラと言ったけど、ここまで来るのにはっきりした自己紹介はなかったように思う。このキャラたちは今旅をしていて、それを眺めてるうちに把握…というかいつの間にか自分も同行しているような感覚になっていて、いつの間にそんなに引き込まれたのか自分でもまったく気づかなかった…その驚きを伝えられたらいいなという言葉選びのつもり。水がないと生きていけないので水を運んでいるんだけど、それの残量でハラハラする気持ちも、水を見つけて嬉しくなる気持ちも、自然と自分の中から湧いてくる自分の気持ちで。それが一緒に旅をしている感覚につながるのかな?と振り返り思ったり。誰がいつ死んでもおかしくない世界なのに、今や誰も死なないでほしいと胃を痛めるくらい祈って毎週毎週過ごしている。それはみんな優しくて、みんな愛しいからに他ならない。うまくまとめることができないけど、最後にひとつ私は嫌味を言いたい。私はリアルタイムにこの作品を観れたことをまだ観てない人に自慢する。あの視聴後の一週間がないまま今更ケムリクサを一気に観ても、私と同じくらいこの世界にハマれないだろうからな!!でも、まだあと2話あるぞ。今からでもこのハラハラしたもどかしさを楽しむチャンスはある。私は昨日の休みを利用して友人にも観るように勧めた。まんまと続きが気になっているようだ、しめしめ。そう、自慢しておいて格好の付かないことだが。なんとこのアニメ、一気に観ても十分面白いのだ。なんてこった。共感のできる作品は気持ちがいいものだよ、それは共通の話題がある気の合う友人がいるようなものだからね。最終話まで観たら最終的な評価も追記しようと思う。楽しみだ…でも終わらないでくれ…(絶望)【追記】最終話まで観たうえで。文句なしの☆5つ、むしろ足りないのではとさえ。僅かでも多く情報が欲しいと、アニメ本編以外にも手を伸ばしてしまうこの魅力はなんだ?旧作、趣味の0話たち、わかばメモ、12.1話…すべてに感謝したい。内容に対する賛辞はもう言わない。人によってそう思わない人もいるから。知的好奇心旺盛で、純粋で、自分で考えられる人ほど好きな作品だと思います。新しい発見にわくわく出来たり、広大な空に心を奪われるタイプの人向けとでも言いますか。これは貶そうと思えば貶せる作品です。しかし貶さない選択を取る視聴者が多い作品です。貴方はどっちを選ぶかな?関係者様各位へ:良いものを届けてくれてありがとう。

  • 2.00

    一昔前のラノベの主人公みたいな男がキツい

    pokan

    一話視聴。若葉の性格や喋り方が一昔前のラノベの主人公みたいで、見ててキツくなってくる。姉妹のしつこいほどのにゃーにゃー語尾も気が狂いそうになる。15年前にタイムスリップしたかのようなキャラの作風が苦痛で視聴を止めたくなったけど、世界観といったストーリーだけなら分かりやすいので、星2つ。

  • 2.00

    ストーリーは及第

    crysper

    作品説明に興味を持ってみました。ストーリーはありきたりですが、今流行りのアニメの中ではまだマシなんだと思います。3Dアニメは苦手ではありませんが、この作画は何なんでしょうねぇ。背景を先に描いてそれに人物を書き込まずに乗せたのか。人物と背景の水平線がズレていたり、地面と足の裏が接地していないカットがチラホラ。これを制作陣が狙いでしたのなら何も言いませんが単に技量不足なんだったら、分からないように作画やアングルの工夫することもしていないことになって他のプロに失礼では。脚本、キャラデザはこのままで別の作画監督ならどうなるかは見てみたい。こんな高評価なので最近はアニメなのにアニメーションは気にしない風潮なんでしょうね。

  • 4.00

    何度も見返したくなる作品

    にあ

    最終話まで見て良い作品だと感じました。以下、良いと感じた点。昨今ありがちな視聴者に対して丁寧すぎる解説描写を省いている事で、見ていて自然とキャラの背景を考察する事でキャラに対する思い入れも強くなってきます。いまの時代の特徴でもあると思いますが、たつき監督が本作の0.x話を挙げて考察をしていく。昔とはまた変わったアニメ外でもケムリクサが盛り上がっていく視聴者一体型の「コンテンツ」であったと思います。正直なところ数話の段階では主人公格のワカバの事は好きにはなれませんでした。それも当然で、視聴者はワカバと同じで作品の背景も分からず思い入れも薄いからです。しかし話数が進むうちに苦手意識はなくなり、キャラクター達が生き生きと動き出し、行動理念も明白になり共感できる魅力的な作品であったと思います。以下、不満?どうかなーと思った部分CG技術がやりたい事に追いついてないように感じました。どのキャラも魅力的でモーションや細かな視線移動、リナちゃんの口だけが動いてクスッと成ったり。すごく素敵だと思ってます。ただ大きく絵が動くところや最終話の長時間の戦闘シーンではCG技術が追いついてないと感じました。また、本作の背景のメインの色は廃墟ビルの黒・灰色ベースで1クール通して色彩的には代わり映えがないので、考察要素が好きでない人や絵柄(CGの質)に魅力を感じなかった人は結構きつかったんじゃないかなと。あと個人的には徐々に世界観が分かって謎が溶けていくなかで、たぶん11話で何か起こるだろうなーと想像できてしまった事が、うーん残念というか、期待通りというか、予定調和というか。。。上手く言語化できないです。-----------以下は本作の評価には反映していない点私は考察が好きだったので問題なかったですが、話がじっくり展開して謎が散りばめられて、視聴者が考察をして最後に謎が一気に解ける。次作ができた時に同じ構成だったら「またか」と感じて飽きるのはないか不安になりました。-----------以下、低評価のレビューに対して返信した内容。一応この作品に対して感じたことなのでレビューに乗せておきます。この人のコメントはアンチで片付けて良い内容ではないと思う。まずはじめに、私は本作は楽しみましたし良い作品だと思っている事を名言しておきます。前回監督作のけものフレンズも全話見たしたつき監督インタビューのブックレット等も読みました。この手にありがちですが、「信者」と「アンチ」と二項対立の構造を作り互いを揶揄してしまうのは本当に勿体無い。ネットは匿名だが本質は対人コミュニケートであって他人への敬意は欠かしてはならない。折角の意見を「的外れだ」ならまだしも「池沼」や「顔真っ赤」など他の侮蔑する言葉を投げかけるのは人としてありえない。相手が敵意のある発言をしたから自分も侮蔑する免罪符を貰ったのではなく、何を言いたいのか相手の意見に多少なりとも汲むべきだ。「信者」と「アンチ」という言葉は個々の意見ではなく属性・陣営に対するレッテル貼り・侮蔑の言葉であることを皆には自覚して欲しい。まあ、私の長ったらしい前振りを見て「アンチ乙」とか「何も分かってない」とか「お前はファン失格」等と言ってくれて良いが、レッテル貼りをされた相手は絶対に納得しないし相手陣営に対して頑なに成るでしょう。まずCGの作りですが、私も低いと思っています。で、その上で本作は良い作品だと感じてます。前監督作のけものフレンズが放送された当初を思い出して欲しいのですが、これはCGの出来が悪いと揶揄されていました。当時の様子はニコニコ動画のコメント履歴を投稿日近くに設定して貰えれば分かると思います。ただ話が進むうちに多くの人は世界観、ストーリー、空気といったモノに惹かれてていき、にCGの出来は重要では無くなったのでしょう。私はそうでした。けれどことCG技術だけのフォーカスを当てた際に「宝石の国」のCGと本作ケムリクサのCG技術はどちらが上かと聞かれたら殆どの人は宝石の国と答えるだろう、と私は予想します。またその技術の差が僅差である、とはとても思えません。前監督作品からキャラクターCGの出来が物凄く、見間違えるほどに向上したかと言われれば「違う」と思うのです。その上で、前述したように視聴者の重要なのは見た目ではなく、中身の話に重きをおいた結果、このCGでもむしろ愛嬌を感じたり満足を得て高評価になったのでしょう。別作品になってしまいますが、けものフレンズ2でも同様の傾向があるように感じます、が、本作とは関係ないので省略。また、ストーリーや考察についてですが、前監督作も本作そうですが、視聴者は主人公と同じく、事前情報は与えられずに主人公たちと一緒に手探りで世界観を読み解いていったと思います。SNSでたつき監督から前日譚を投下されて、ああこの繋がりがあるんだと納得した方もいるでしょう。恐らく皆さん前作を綺麗纏めてスマッシュヒットを叩き出したたつき監督への信認があったと思うんです。たつき監督ならやってくれる、纏めてくれる。伏線も回収して納得できる答えを出してくれる。「たつきを信じろ」ってキーワードはその象徴でしょう。でもその作風が一定の視聴者にとって不親切や初見無視と捉えれる可能性は、結構あると思うんですね。本作の出来に納得した方は多いでしょう。それはレビュー数と星評価を見れば分かります。じゃあ監督の次回作が決まって、今回と同じような謎を解いていくスタイルだったら皆さんどうでしょうか。こう思わないですが?謎を段々と紐解いていって、中盤で重要な転換を迎え、11話で謎が解消されつつ+ショックな出来事が起きて、12話で大団円。私は本作の謎解きスタイルを視聴していて、今回も11話で所謂「ショック」があるんだろうなと予想(期待かも?)してしまいました。構築される世界観に寄りますが、このスタイルが繰り返されると伏線回収というより、この監督はこういう作風だとある種の予定調和を感じる人も出てくるでしょう。その際もしも視聴者に提示される謎の質が低かった場合、恐らく皆さん飽きてしまうんじゃないでしょうか。一度では飽きないかもしれない、では二度目は?三度目は?CG技術が他に劣り、話に重点を置いているたつき監督は絶対に「ストーリー」の部分では失敗できないと思います。視聴者が謎を解く以外の楽しさも提供されないと行けないのでは?また、本作を色で表すとしたら「黒(灰?)、赤、緑」だと思うんですね。鬱蒼とした廃墟の黒色、メインキャラと赤虫の赤色と緑色。(シロの白や煙草の青、黄、紫等ありますが作中の大部分とは言えないでしょう)12話ほぼすべての色がその3色で構成されていると思います。そうなると、考察系が苦手な人で・CGに魅力を感じない人がこの作品を見ると景色も代わり映えしないので面白くない、と思うのは自然だと思うんですね。で、同様に例えば監督の作品が企業の広告塔になった際に、作品を未視聴の人に魅力的に写って商品を手に持って貰えるかと言えば・・・ちょっと分からないんですね。本作ケムリクサはセールス的には成功でしょう。信者と相手が揶揄して来て反発食らってますが考える余地はあると思いますよ。

  • 3.00

    のろし

    ぐっすん。

    ーーーーーーーー(きりとり)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーもう一度見直すよりまえに、けものふれんずを見て落ち着き、またういろうが売りがきました。それでけものふれんず再現可能性高かった。気になっていた小さなことはなりをひそめました。もっとも疑問なテーマは依然感じる。正しい努力とは何だろう、 あと、場所が…私は盲目で自分で歩かないと誰にも会えないのでいつも独りぼっちですが、暖をとりました。どこへ行ったらよいのかな…親切なひとに教えてもらって試した作品ですが、教えてくれて感謝です。もし、もう一度みることがあったら☆増えることを期待します(けもふれみたら+1になる)3部作を待たれる自分に期待はしないので芥子粒ほどにおもってほしい気に入ったこと/ ぎりぎり見られる加減。この入り口のおかげで時間を満喫できそう         りんちゃんの登場シーンはインパクトあるよね! 気に入らなかったこと/ いきなりは暗いです。疑心暗鬼に陥る。当方にはまだ時間とお金がかかりそうこの製品をどのようにつかいましたか/水質検査、ひげそり(おとめのたしなみ)、やまとなでしこしんかりおん他…汎用性は高いようだが効果のほどは謎に満ちていた いくせんまんといえどもわれゆかん。(2020/4/10)ーーーーーーー(きりとり)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー気に入ったこと/なんとなく曲がすとろぼっぽくて好きです。歌詞も気にしてみる。セリフが少ないこと。つい見ちゃう画面の展開。へんなところ。個人の事情があるのならそれはそれで気になる。気になったこと/なんで水槽(きれいな水)にドボンの登場だったのでしょうか。どこから来たのでしょうか。いきなり出てくる扉の文字や漢字とひらがな(よみがな?)の使い分けが違和感を感じる。りんちゃんの髪型はぜったいおかしい。気に入らなかったこと/謎すぎる。感情移入しづらい。一見して、へんだと思う。不自然なのは隠したいことが多いからとおもう。でもまずは自分で考えたいと思う。なにか専門知識を求めてくる物語なのかな。この製品をどのようにつかいましたか/日本の歴史と漫画とアニメの未来について夢想する材料にしてみた。ごめんなさい。読書のモチベーションアップに活用して役に立ちました、ありがとう。もっとよいつかいかたがあるに違いないとおもわれる、そして星は増える予定です。(2020/04/08)

  • 5.00

    視聴者の探究心で成り立つ多次元な面白さを持つ稀有な作品形態

    Crustacea enthusiast

    世間を様々な意味で騒がせ、話題となったアニメ「けものフレンズ」を製作したチーム「irodori」の最新作。このアニメ 楽しみ方が少々特殊で、1話の段階ではもれなく「???」という感想になることがほとんどだと思います。 1~3話で登場人物と大まかな雰囲気を感じ取ってもらったら、ぜひ監督が趣味で作ったという1話以前のストーリー(!?)をご覧ください。 6話放映時点で0.4話~0.9話が公開されています。「は?」「そんなのAmazonにないけど」「どこにあんだよ」「めんどくせえな」・・・ごもっともですがこのアニメ、テレビや動画サイトからの映像をただ流し見するだけではその魅力を完全には堪能できないかと思います。このアニメは「視聴者が【情報のかけら】を発見することによって徐々に世界観への理解を深めていく仕掛け」がふんだんに散りばめられています。視聴する側が「探究心」を発揮し求めれば求めるほど面白さが増してくるのです。気になった場所やアイテムを自分で検索すると意外な発見があるかもしれません。他にも前述の「1話以前の回」であったり、Twitter上での「監督のつぶやき」や「考察班」の存在であったり、ニコニコ動画での他の視聴者のコメントであったり、まとめサイトであったり。ウルトラジャンプでは「わかばメモ」と称するCGIを使用したコミックで、わかば視点での情報が得られます。他のアニメでは「ネタばれ」は作品を楽しむ上で排除すべき害ですが、たつき監督作品の場合、作品を深く味わうためのソースでしかありません。ガンガン探して知ってもなお楽しいのです。(リアルタイムであれば)誰かが言っていました。どんなに手を貸しても、助けてあげても、相手が助かりたいと願い、助かる努力をしなければ、助けられる人も助からないと。「楽しむ」ことも同じだと思います。提供する側がどんなに面白いものを作ったとしても、受け取り側が楽しむつもりでなければ、あるいは楽しむために何かできることがなければ、面白いものも楽しめない。スポーツやゲームは自分がプレイできる。楽しむ側が行動を起こすことができます。ですが映像は何もしなくても観ることができてしまいます。TVやメディアの普及を通して、それは巷に溢れかえり、片手間や寝ながらでも見る事ができるものになってしまいました。私たちはモノが溢れる中日々の生活に追われいつの間にか楽しみ方すら忘れ、新聞やメール、定時連絡のように物語を「見て消費する」だけに陥りがちではないでしょうか。そんな中この作品は、「視聴者が自分で探索し」「他の視聴者と情報を共有し」「物語を全力で楽しめる」魅力を秘めたステキな作品だと思います。ただ、難をいえばケムリクサは「けものフレンズ」に比べて「何も考えず観る気がない人が見てもなんか楽しいフヒヒ」という部分が若干少なめで、多少とっつきにくいところがあるかもしれません。けものフレンズ1期はここが絶妙でした。仕事に疲れ何も考えたくない状態で観ても「ああ・・・たのし・・・」となりましたが、ケムリクサは例の騒動後に作られたためか相当とんがっています。1話から世界観や登場人物などけものフレンズよりも多くの謎と考察要素に溢れていますが、その分何も考えずにぱっと見て楽しめる要素は少なくなってしまったように思います。ストーリーの性質上仕方ないとは思いますがそこだけ星をひとつ減らさせていただきました。(6話時点での感想)例えるならファミコン時代の名作ソフト。ハードスペックの関係でチュートリアルやオートマッピング、セーブ機能などが存在しないので自分で地図を書いたり、ヒントをメモしたり、雑誌の情報を見たり、友達と情報を交換したりして何とかクリアでき、その感動は画面の中で全てが完結している今のゲームとは比べものにならないものでした。わかりやすいお約束満載の最近のアニメに慣れてしまった方にはこのアニメの攻略本が必要かもしれません。(寧ろ欲しい・・・!放送終了以降はそれを片手に一時停止しながら考察ポイントを逐一見返していきたい!)そして、Amazonプライムで楽しめる最大の特権が TVやニコニコ動画など「他のメディアのどこよりも早く視聴できる」こと。いち早くAmazonプライムで視聴し、TV等の後続の放送タイミングで本編を再度見つつSNSの反応を追うのがとても楽しい。他の方の反応に共感しつつ、新たな気付きも得られるのでおすすめの視聴方法です。6話が情報のブレイクスルーで、わかばが「何も知らない視聴者の代理」から真の主人公へと変貌していき、もう目が離せません。今後も楽しみにしています。追記:11話まで見た後の感想けものフレンズ11話を彷彿とする、いやそれ以上の衝撃展開。ネットでは各地で阿鼻叫喚の地獄絵図、ニコニコ動画のけものフレンズ1話では森羅万象目につくすべてのものに助けを求め縋り付く視聴者たちのコメントで溢れ返り、視聴者は最悪の展開も含めどんな結末を迎えるかわからない不安と期待で興奮冷めやらぬと1話から見返す者も多く、結果11話が1話に繋がっていることが解り、1話の何気ないセリフから今までの全てに何かしらの意味が隠されていたのではないかと注視すればするほどに様々なものに考察要素があり、ここ好きが溢れたファンアートが急増、今でしか味わえない最終回までの1週間、不安と興奮とドキドキを共有できる最高にホットな時間を過ごしています。この時間を多くの視聴者と共有し、心から楽しめていることに感謝しています。 ということで文句なしの★5です。あとは主人公たちの精一杯生き、行きついた素直な結果を最後まで見届けたいと思います。願わくば報われるその日が訪れることを。

  • 5.00

    わかりやすく言えば毎週たつきを信じろ・・・となる作品です

    天安門事件

    ・【追記】 最終話まで視聴多くを語っても伝えきれませんがEDの曲のフルで最後の歌詞にある報われるその日まで  がやっと・・・・たつき監督、やはり貴方は・・・・7話まで視聴前のほんわかした作風から一変して常に死と隣り合わせの物語です陰鬱で絶望的な状況から生き残る方法を必死に模索し数え切れないほどの苦労を重ねてようやく一筋の光明が見えてもその光すら打ち消すほどの闇に覆われまた一寸先ですら見えないという・・・2月末現在の最新話である7話まで視聴しましたがこの作品は全体として1本の話になっているような構成なので2時間映画の1時間ぐらいで止められているような感じですどうなるんだよ!?という不安で続きが気になりますがここから1週間焦らされ、それを後何回も繰り返されると思うとまだ見ていない人は最終話が配信されるまで待って一気に見ることをオススメします特に作品に感情移入しやすい傾向の人は・・・余談ですがもう一方のある作品との比較で外に出ることと残ることを選んだ結果がこれか・・・・という評価を見かけたが・・・・どっちも見た僕もそう思います

  • 3.00

    papa

    が、まあ何とか使えている。よく縁側で家族向けに焼き肉やサンマを焼いたりということでBBQ七輪を使うので購入してみた。思ったより小さいが、家族分で使用している分には何とか収まる。もっと大きな炉を使用すると容量が足りなくなるかも知れない。

C0C0BAT ベアブリック ANIMAL その他 【新品】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

C0C0BAT ベアブリック ANIMAL その他 【新品】

抜く

プレス

  1. ホーム
  2. その他
  3. C0C0BAT ベアブリック ANIMAL

15台のプレス機(最大500t)が稼働中です。大型部品の成形を得意としたロボットが稼動し自動での生産が可能です。

設備
プレス機械(油圧) 2台
プレス機械 14台
セットプレス 1台
パンチングプレス 1台
シャーリングマシン 1台
ブレーキプレス 2台
ハンガーショット 1台
ドラムショット 1台
ショットブラスト 1台
コーナーシャー 1台
ブレーキ 1台

設備写真2

設備詳細

滋賀工場
プレス機械(油圧) KONGO(2CY-400) 400トン 1台
プレス機械 篠原(SA-150A) 150トン 1台
プレス機械 淀川(PCL-2-500C) 500トン 1台
プレス機械 大阪機工(DCM-200B) 200トン 1台
プレス機械 大阪機工(DCM-300B) 300トン 1台
プレス機械 大阪機工(DCM-300B) 300トン 1台
プレス機械 コマツ(E2P-500) 500トン 1台
プレス機械 篠原(PGA-70A) 70トン 1台
プレス機械 篠原(PGA-50A) 50トン 1台
プレス機械 篠原(PGA-30) 30トン 1台
プレス機械 松田(CP-15) 15トン 1台
プレス機械 淀川(PUX100L) 100トン 1台
プレス機械 コマツ(E2P-500) 500トン 1台
プレス機械(油圧) 川崎油工(DP1-500) 500トン 1台
プレス機械 コマツ(E2P-500-K3M) 500トン 2台
セットプレス コマツ(KHP-30) 30トン 1台
パンチングプレス アマダ(PEGA357) 35トン 1台
シャーリングマシン コマツ(C6X2550-2) 25トン 1台
ブレーキプレス 松田(CⅡ-145) 150トン 1台
ブレーキプレス KOMATU(KPAPSⅢ) 50トン 1台
ハンガーショット 新東工業   1台
ドラムショット 新東工業   1台
ショットブラスト SHINTO(SNM-10CA)   1台
コーナーシャー コマツ(SHG-3N-220)   1台
ブレーキ コマツ(PHS-200)   1台
岡山工場
なし

接ぐ

溶接

溶接は、社内で特に大事にしている技術であります。検定技能を持った社員が在籍し、強靭かつ繊細な溶接を心がけています。また、生産性の向上に努め20台以上の溶接ロボットが稼動しております。

設備
ポジショナー付大型溶接ロボット 1台
アークロボット溶接機 30台
スポット溶接機 7台
スポットロボット溶接機 4台
半自動溶接機(350A) 43台

溶接技術者
日本海事協会認定溶接士(NK検定) 7名 7名
日本溶接協会(JWES)認定溶接技能者 5名

設備写真3

設備詳細

滋賀工場
ポジショナー付
 大型溶接ロボット
安川電機、松本電機 過般重量2000kg
4000×2000×1000
1台
アークロボット溶接機 コマツ・ダイヘン
 ・ナチ・ヤスカワ
350A 19台
アークロボット溶接機 コマツ・ダイヘン 500A 4台
スポット溶接機 中央製作所 100KVA 5台
半自動溶接機(350A) ダイヘン 350A 38台
岡山工場
アークロボット溶接機 ダイヘン・ヤスカワ 350A 4台
アークロボット溶接機 コマツ 500A 2台
アークロボット溶接機 ヤスカワ 350A 1台
半自動溶接機(350A) ダイヘン 350A 5台
スポット溶接機 ダイヘン 150KVA 2台
スポットロボット溶接機 ナストーア 100KVA 4台

削る

機械加工

社内で製造した製缶品、ダイチュウグループで鋳造した鋳鉄鋳物・アルミ鋳物の機械加工を行います。特に大型製品の加工を得意とし門形マシニングセンターをはじめ多数の大型工作機械を取り揃えています。

設備
門形マシニングセンター 3台
立形マシニングセンター 11台
横形マシニングセンター 10台
5軸制御横形マシニングセンター 1台
洗浄機 1台

設備写真4

設備詳細

滋賀工場
門形マシニングセンター 三菱重工業(MVB27A) 6000×2700×950 1台
門形マシニングセンター 新日本工機(RB-5VM) 6000×2500×1020 1台
門形マシニングセンター オークマ(MCV16A) 2000×1600×1300 1台
立形マシニングセンター OKK(VM900) 2060×940×820 1台
立形マシニングセンター OKK(MCV1060) 2140×1060×800 1台
立形マシニングセンター マザック
 (FJV5FaCE 60/160Ⅱ)
4200×1400×660 1台
立形マシニングセンター 三井精機(VS5A) 1280×650×610 1台
立形マシニングセンター 三井精機(VS5A) 1280×650×610 1台
立形マシニングセンター OKK(MILLAC80V)
 (OKUMA/HOWA)
1800×800×600 1台
立形マシニングセンター 森精機(MV-Junior) 560×400×460 2台
立形マシニングセンター 松浦機械工作所
 (MC-510V)
510×360×460 1台
立形マシニングセンター 松浦機械工作所
 (MC-560V)
560×400×460 1台
横形マシニングセンター 森精機(MH1003) 2040×1300×1200
(27パレット)
3台
横形マシニングセンター 森精機(NHX 8000) 1400×1200×1350 1台
横形マシニングセンター 三井精機(HS6A) 1300×1000×1000 1台
横形マシニングセンター マザック(NEXUS6000) Φ900×800 1台
横形マシニングセンター 日立精機(HS630) 850×800×850 1台
横形マシニングセンター 日立精機(HC-630) 800×710×630 1台
5軸制御
横形マシニングセンター
三井精機(HU50A-5X) 720×850×850 1台
横形マシニングセンター 松浦機械工作所
 (MAM-500HFPC-2)
  1台
横形マシニングセンター 松浦機械工作所
 (MAM-600HFPC-2)
  1台
洗浄機 森合(MOJ-1000)   1台
岡山工場
立形マシニングセンター マザック(SVC2000) 最大ワーク巾655
長さ4700高さ690
重量2400Kg
1台
立形マシニングセンター マザック
(VC-ネクサス510)
最大ワーク巾550
長さ1300高さ570
重量1200Kg
1台

塗る

塗装ライン

メラミン焼付けによる自動ライン塗装、ラッカー系、ウレタン系の常温乾燥大型ラインの2ライン構成で対応。大型から小型製品、製缶から鋳物までフレキシブルに対応できる塗装ラインです。

設備
自動静電塗装装置 2台
ボイラー 1台
乾燥炉 2台

設備写真5

設備詳細

滋賀工場
自動静電塗装装置 ランスバーグ(2U-2TD-2OH)   2台
岡山工場
ボイラー 日本サーモエナー 500Kg/h 1台
乾燥炉 川越理機製作所 電機乾燥炉
200V×16KW
2台

鋳込む

鋳造

鋳物素材はグループ会社からの調達が可能です。鋳鉄鋳物(FC・FCD)は大阪高級鋳造鉄工㈱、㈱日清特殊鋳造所、アルミ鋳物はサクライ軽金属㈱にて製造いたします。
複数の工場がある為、材質、大きさ、ロット数等幅広いお客様のニーズに対応が可能です。


鋳鉄鋳物
大阪高級鋳造鉄工株式会社 フィギュアーツ ブラックウィドウ
株式会社日清特殊鋳造所 未開封 マーベルレジェンド【 デットプール & ウォーヘッド 】


アルミ鋳物
サクライ軽金属株式会社 マーベルレジェンド ストライフ X-MEN

設備写真6

組む

セル生産

20年以上も前からセル生産方式を導入し製品の組み立て・検査・梱包をセル内にて行います。

設備写真8

その他の設備

測定器

三次元測定器 ミツトヨ(CRYSTA-Apex S) 700×600×500 1台
スピンアーム FARO(SA-G30)   1台

3Dプリンター / CAD

3Dプリンター 3Dシステムズ
 (Project3500HDMax)
298×185×203
(樹脂)
1台
3DCAD solidworks2017   1台

クレーン

クレーン(東洋ホイスト) 天井走行クレーン(第二工場北) 5トン 1台
クレーン(東洋ホイスト) 天井走行クレーン(第二工場北) 2.8トン 1台
クレーン(山陽輸送機) 天井走行クレーン(第二工場南) 5トン 1台
クレーン(近畿鉄工) 天井走行クレーン(第三工場) 5トン 1台
クレーン(菱井工業) 天井走行クレーン(第五工場北) 10トン 1台
クレーン(菱井工業) 天井走行クレーン(第五工場南) 10トン 1台
クレーン(東洋ホイスト) 天井走行クレーン(第五工場北) 2.8トン 1台
クレーン(KASUDA) 天井走行クレーン(第五工場南) 2.8トン+2トン 1台

設備写真9

アメコミリーフ What if? #10 CGC 4.5